ビットコインを伝える

なにをいきなり!?という感じですが、シンガポール時代の貯金を貯金のままで放っておいてもアレなので、投資はじめました。仮想通貨のビットコインです。

「ビットコインってなんのこと?」

カフェの先輩(自称メカオンチ)から投げられたこの一言。最近、ビットコインはじめたんですよ、と自分から話し出したので、期待に応えましょうと説明を試みる。

「ビットコインというのは通貨の名前で、日本円とカナダドルとビットコイン、というグループに入ります。日本円は日本で、カナダドルはカナダでそれぞれ発行されてますが、ビットコインは世界中のどこの国にも属さず、システムが自動的に発行してます。ビットコインの発行数は上限があるので、ビットコインを保有したい人が増えれば増えるほど、保有(購入)の競争がはじまり、値段が上下する。」

という説明をしました。ちょっとは伝わったようですが、私にとってのビットコインの魅力はこんなもんじゃなくて。私のような海外在住者は、日本円でもシンガポールドルでもカナダドルでも、ビットコインを買って売って、現金化する時に現地通貨にすれば、外貨両替手数料なしでイケる!もちろんビットコイン売買にも現金化にも、手数料は発生します。けれども外貨の両替や送金って手数料5000円くらいサクッともっていかれる。痛いけど、払いたくないけど、住む国を変えるたびに現地通貨は必要、。という悩みがビットコインを購入して保有すればほぼ解消されるわけです。

ビットコインを初購入してから1週間くらい経つのですが、今日ついに1BTC(1円みたいな単位)が50万円超えました。すごい。4か月前は1BTCが12万円だったらしいので、ものすごい加速と伸び率です。スマホのアプリで住所や身分証など各種登録の手続きを済ませば、5000円くらいから投資生活を始めることができます。私はbitFlyerというアプリを使っていますが、0.01BTCから購入可能です。

さらに、カナダではビットコイン専用ATMがカフェやバーに設置されています。その場で現金でビットコインを購入すると、QRコードが印刷されたレシートがべろべろーっと発行されて、アプリでQRコードを読み込むと、その場でビットコインがチャージされます。超便利!

アプリとATMで5000円から始められる投資生活@バンクーバー。

私が貧乏バックパッカーをやっていた学生時代には、こんな未来に自分がいるなんて、全然想像してなかった。世界はまだまだ面白い。

コメント