【実録】シンガポール現地採用の給料と生活費

海外転職

シンガポールで仕事を探して見つけて生活したい!

という方に向けて、今回はシンガポール現地採用の収入と支出についてご紹介します。

私が実際に3年半(2014年〜2017年)住んでいた当時のリアルな数字をもとに、2020年最新情報も調べて追記しました。

結論から先にお伝えすると、日本で働くよりも給料は上がるけど、仕事量は日本と同じかそれ以上で生活費が超高いです。なのでトータルすると可処分所得は日本での暮らしより下がるというのが体感です。

可処分所得とは…

毎月の給料から保険や税金を引いたいわゆる「手取り給料」

この記事の中では、手取り給料からさらに家賃、水光熱費、毎日の食費を差し引いて残った自由に使える金額という意味です。

グローバル企業の求人数業界トップクラスのリクルートエージェントがオススメ。完全無料で利用できます!

スポンサーリンク

シンガポール現地採用の給料

まずはじめに、気になるのがシンガポールで現地採用として働くときの給料

これは年齢と専門性によって異なります。

年代別給与イメージ
  • 20代:2500ドル〜3500ドル(約20万〜28万円)
  • 30代:3000ドル〜5000ドル(約24万〜40万円)
  • 40代以降:3500ドル〜(約28万円〜)
職業別給与イメージ
  • カスタマーサービス:2800ドル〜3500ドル(約22万〜28万円)
  • マーケティング:4000ドル〜6000ドル(約24万〜48万円)
  • 営業:4000ドル〜5000ドル(約28万円〜40万円)

※1ドル=1シンガポールドル=80円で算出しています。

あくまでも一例なので、詳しくはこちらのサイトの求人コーナーにて直接ご確認ください。

シンガポールお役立ちウェブ シンガポール生活・旅行の情報発信ステーション
シンガポールお役立ちウェブはシンガポール情報満載のシンガポール発の日本語情報サイト。シンガポール関連リンク集、生活情報、観光情報、求人情報、賃貸情報、ホテル情報等、シンガポールの様々な情報を発信中!

私がシンガポールで仕事探しをしていた2014年当時から現在まで、毎日情報が更新される老舗サイトです。

参考までに実体験として、私の場合…

1社目の給料は3000ドル(約24万円)

2社目の給料は2800ドル(約22万円)スタートで3年目に3200ドル(約25万円)になりました。

どちらもカスタマーサービスです。

シンガポールで仕事探し・転職の経緯はnoteで週刊連載中なので、よかったらご覧ください。

人生大逆転を賭けて! 28歳フリーターがシンガポールで転職|ゆきの@未経験からアジア転職を応援|note
スポンサーリンク

シンガポール現地採用の生活費

シンガポール現地採用の生活費はこんなカンジ。

2014〜2017年に私が暮らした当時を思い出しながら、できるだけリアルに再現してみました。

シンガポール現地採用 1ヶ月の生活費
  • 家賃:1000ドル(約8万円)3LDKのコンドミニアムを3人でシェア
  • 水道光熱費+wifi使用料:200ドル(約1.6万円)
  • 食費:(朝食6ドル+昼食10ドル+夕食15ドル)×30日=930ドル(約7.5万円)
  • 飲み会参加:1回100ドル×2=200ドル(約1.6万円)
  • 交通費:往復2ドル×30日=60ドル(約4800円)
  • 洋服・書籍・日用品の購入:およそ100ドル(約8000円)
  • 合計:2490ドル(約20万円)

私の1社目の給料3000ドル−出費2490ドル=510ドル(約4万円)

生活費に加えて、飲み会に行ったり生活に必要なモノを買ったりしたあとに残る可処分所得は約500ドルという計算に。

シンガポールはとにかく家賃が高い!

3LDKで30万円、4LDK で40万円が相場で、国土が狭いのでワンルームマンションというものがほとんどありません。

その結果、家賃補助ナシの現地採用はシェア生活が基本です。

賃貸情報も、求人情報と同じくこちらのサイトが充実しています。

シンガポールお役立ちウェブ シンガポール生活・旅行の情報発信ステーション
シンガポールお役立ちウェブはシンガポール情報満載のシンガポール発の日本語情報サイト。シンガポール関連リンク集、生活情報、観光情報、求人情報、賃貸情報、ホテル情報等、シンガポールの様々な情報を発信中!

実際のお部屋の様子はシンガポール在住xinさんのブログに詳しく掲載されていました!

ご参考に。

シンガポールの住宅の種類と家賃の目安。できるだけ家賃を安い物件を探す方法(その1)。
どうも。現在住んでいる場所に飽きてきたので、今月末に引っ越すことにしました、底辺現地採用のXin(しん)です。シンガポールの北西エリア。徒歩も含み職場まで約40分。立地、清潔感、環境、家賃という条件の中で、立地(職場からの遠さ)のみを妥協し

現地での部屋探しは

スポンサーリンク

シンガポール現地採用の最新情報をチェックするには

これからシンガポール現地採用を目指す人は、まずは転職エージェントに登録! 

そしてフル活用するのが最短最速ゴールデンルートです。

グローバル企業の求人数業界トップクラスのリクルートエージェントなら、多くの求人数からあなたにピッタリの1社を見つけられる可能性大!

私の場合、1社目はシンガポールお役立ちウェブの求人情報から企業へ直接応募、2社目は現地の転職エージェントを利用しました。

全て無料! 転職エージェントの活用方法
  • 職務経歴書や自己PRなどの書類をチェック依頼
  • 求人情報を探してもらい、自分の希望に合えば面接の手配依頼
  • 給与や待遇交渉

転職エージェント活用方法は、こちらにも詳しく書いてます。

コメント