TOEIC受験 in バンコク 2回目っ!! 悲惨な末路

大変ごぶさたしておりますが、まずはこちらからダイジェストでお届けいたします。

前回は前日現金払いで受験できたのに、今回は事前に支払いなさいと。オンラインバンキングで国際送金サービスを初利用。受験料1800バーツ(約6000円)を支払うのに、国際手数料約4000円取られたよwww国際送金たっか!まあ初めてだし。次回からは気をつけよう。むしろ総額10000円分のスコアを取るために勉強勉強!

メールで送られてきた送金済みの証明をバンコクTOEICセンターに送る。ぽーん。即返信がきた。おお、珍しいなんだろうと思ってメールを開封したら「お客様の希望日は満席になりました。別日程に振り替えか、受験料を返金します」ちょっとおおおお!!往復航空券とっちゃったからもう別日程なんて無理ー!!ていうかメールで事前に予約したじゃん、確かに「すみやかに受験料を入金してください」っていうメールが来てから約10日はかかった気がするけど。国際送金もオンラインバンキングもほとんど利用したことがなかったので何度かエラーでやっと送金できたのに、。この短期間で満席になりましたって、どれだけ人気なんだバンコクTOEICセンター、。腹が立つやら悲しいやらで、とにかく即返信。「私はメールで事前に予約しました。予約ができたから受験料を払ってくださいと言ったのはそちらでしょう。返金の手続きでかまいませんので、私が支払った総額10000円全額返してください。」めちゃくちゃ丁寧に怒りのメールを英語で打ち続け、送信。もうこれだけ英語で文句言えるなら、TOEIC受験しなくてもいいような気も、。と感じたのもちょっとある。

ぽーん。また即返信。

「入金が確認されるまで予約は確定してません。あなたの入金はメールで予約した日から時間が経ちすぎでした。私たちは外国人にバンコクTOEICセンターでの受験をすすめておりません。最寄りのTOEICセンターに問い合わせてください、とお伝えしてます」いや初耳ですから。もう、前回と何もかも仕様が違いすぎる、。バンコク在住の日本人マジ尊敬。こんなに不安定で気まぐれなサービスを提供されて生活をするのかと想像しただけで、ゲンナリした。

もういいや。しょうがない。お金は自分の手を離れた時点であきらめないといけない。あー、TOEIC受けたかったな。それから5月某日に、とぼとぼとバンコクTOEICセンターへ向かい、あらかじめプリントアウトしたメールの内容をカウンターにつきつけると、言われた言葉がまた衝撃で「1700バーツだけ返金します」はい?受験料は1800バーツですよ?もう国際送金手数料はあきらめるけども。はあ。「あなたが支払ったバンコクのA銀行から、私達の口座があるB銀行まで転送された手数料に100バーツかかりました。ですので、私たちは1700バーツしか受け取っていません」あなたたちの口座、5つくらい並べてホームページに掲載されてるじゃないのよー!!!謎の転送手数料までひかれて、私の手元には現金1700バーツ(約5100円)が戻ってきました。

バンコクでのTOEIC受験、一切オススメしません。

コメント