キラキラ深センツアー2019を企画したら2時間で満席になった件

中国での暮らし
スポンサーリンク

深センツアーをやろうかなっと

中国は広東省・深センで暮らし始めて4ヶ月ちょっと。

仕事にも生活にも慣れてきて、月曜から金曜まで淡々と過ごす日々。週末は映画を見たり、ちょっと遠出して食事したり、あと読書とか。

平和だな。

なんかやろうかな。

でもなにしようかなー。

なんとなく考えていたけど、特に何もなく。

そんな時に、誘われていった飲み会。

深セン在住の日本人の集まりだったんだけど、仕事はもちろん、出張や接待なんかで、忙しそうな。

深センで出会う日本人は、中年男性が圧倒的に多い。よくある「日本のサラリーマン」を具現化したらこんな感じだなっていう、いわゆるおじさんたち。

シンガポールやタイに住んでる日本人は、20代のやたら元気な男性や、現地採用の女性も結構いるのになあ。

そしておじさんたちは深センのことをぜんぜん知らない。休みの日は休んでるか、遠出してゴルフに行くか。

でも深センの最新スポットに興味はあるらしい。

なんとなく、唐突に聞いてみた。

「深センのオススメスポットを巡るツアーできるんですけど、よかったら開催しましょうか?」

「「「なにそれ!おもしろそう!」」」

あらま、反応が超良好。

じゃあやってみよ!

というわけで、その名も「キラキラ深センツアー2019」

ニーズがあったので、企画・実施することに決めた。

現地ガイドの経験値つんでうまくできるようになったら、後々フリーランスの仕事にもつながりそうだし!

スポンサーリンク

深セン 観光 情報が少ない

観光ツアーやります! って言ったら、参加します! っていうのに

なんで自分で観光しないんだろう?

私なら、流行のお店や最新イベントなんかをGoogle検索して、予定が合えば行く。

それを現地情報としてTwitterでつぶやいたり、こうしてブログに書いて発信したり。

ほかの深セン在住日本人は、興味がないわけじゃないのに、なんでかな。

ちょっと考えてみたんだけど、わかりやすくまとめられた情報がないのが原因のひとつかと。

「深セン 観光」でGoogle検索して出てくるのは、

・高層ビルが立ち並ぶ福田区

・老街と書いてラオジエと読む、若者が集まるエリアの屋台ストリート

・オシャレなカフェやショップが集まる南山区

以上!

すくなっ!

ガイドブックなんてあるわけもなく。

香港、マカオ、台湾なんかに比べたら、そりゃあ観光地としての深センの情報は全然ないよなあ。

すぐに見て分かる一次情報がないとしても、個人の旅行ブログの記事とか探せばあるのにな。

まあなんにせよ、深センの情報発信はブルーオーシャンかもしれないってこと!

これがシンガポールやタイなら、キラキラ現地妻のみなさまが毎日のようにせっせとブログ更新してくれてたからね! 更新頻度も高くて、細かい情報までていねいに載せられていて、もうみなさんブロガーの鏡!

未婚で現地採用のキラキラとは程遠い私だけど、がんばって深センの面白さを発信するね!

スポンサーリンク

キラキラ深セン2019 ツアー行程

最後に、気になるツアーの内容は以下の通り。

短期滞在の旅行者よりは、深センにビジネス施設にきた出張者や、在住者にオススメ!

これだけおさえておけば間違いなしの、最新オシャレスポットをご案内

【予定表】雨天決行、当日の状況により変更の可能性があります

南海意庫(旧サンヨー工場跡地再開発) インスタ映えスポット1

深セン湾創業広場 赤いシリコンバレー

テンセント本社

小米のショールーム 香港証券取引所に上場

誠品書店 代官山蔦屋書店のモデルになった台湾発オシャレ書店

华侨城创意文化园OCT 若者に人気、インスタ映えスポット2

夕食:ローカルスタイル海鮮蒸し鍋(コース料理、青島ビールつき)

いじょうっ

近日開催予定!

ツアー終了後に、写真付きで詳細をアップするのでどうぞお楽しみに

\(^o^)/

コメント