転職して中国に移住

中国での暮らし
スポンサーリンク

突然ですが、またまたアジア転職しました

シンガポールから日本に帰って14ヶ月目のことでした。突然っちゃ突然だけど、予期していたと言えばそんな気も

理由はいろいろあるけれど、やっぱり日本だけど働いて暮らしてくのは無理!っていう一言に尽きるかな。

あと、今の職場を辞めたくて、辞めるならステップアップのためにしたい。ただ逃げ出すだけなのはなー、と。

今の職場を辞めたくなったのは、社内で話す9割の人に優しくしてもらったのに、たった1割の人の心無い言葉に耐えられなかったから。

「これだけよくしてもらってそれでもだめだと思ってしまうなら、もう日本社会どこにいってもやっていけないな」

いろんな意味が含まれてるけど、あきらめというか感謝というか、気持ちが行き着いたのはこんなところで。

日本人(ここでざっくり一括りにしてしまうのは雑かもしれないけど)と一緒に仕事をするのは、とにかくしんどい。私も日本人だからこそ、お互いの考えがかみあわない、意見が一致しない、そのひとつひとつに疲弊してしまう。

そして、目立つ私はとにかく標的にされる。私はほかの人が何をしようが全く気にしてないのに、あちらはこっちの仕事をつぶさに観察していて、ミスをしようものなら即炎上。燃料投下ってこうやるのか、って学習機能がつくくらい、私は社内炎上キャラになった。

他人の評価で生きる気なんて全くないし、出世したいとも思わないから、無視。そうするとさらによく燃える。ヒマかよ! 仕事しようよ!

そうだ、私はお給料の分か、それを少しだけ上回るくらいに仕事をしたい。実際は働くことも人の役に立つことも大好きだから、ものすごく働く。でもそれも含めて自分の経験と価値になるから、それはそれでいい。

日本という国は、日本人がいて、日本語で話して、日本社会で生きてる。それぞれひとつしかない。

例えばこれがシンガポールなら、いろんな人がいて、いろんな言葉があって、いくつものコミュニティがある。

私はやっぱり後者がいいや。

スポンサーリンク

中国を選んだ理由

結論から言うと、いちばん条件がよかったのが中国だったから。

私がアジア転職に求めるものは、優先順位がはっきりしていて

・就労ビザがもらえること

・定時で帰れること

・土日祝休み

・物価が安い街(1食500円以下で食べられることが理想)

・給料は15万円くらい

台湾、ベトナム、香港あたりを考えていたんだけど、台湾とベトナムは月収10万円以下、反対に香港は20万円くらいになるけど週6勤務。

優先順位の最後の方でひっかかる

そこで見つけた求人情報が広東省深セン市での仕事。深センは香港からバスで行ける中国。

あ、なんかよさそう。と思った瞬間に履歴書を担当者にメール。

20分で返信がきて

その後に電話面接を2人

内定=ビザ申請の手続き

お、おおお

断るタイミングもなく、とんとん拍子とはまさにこのこと。

中国語? シンガポールのチャイナタウンで身振り手振りでなにかしたくらい。つまりゼロ。

 

でも、日本人と日本語で会話してるのに、全くお互いの言ってることが分かりあえないくらいなら、いっそ言葉が通じない場所でもう一度始めたいと思ったんだ。

 

スポンサーリンク

結果、とても快適な暮らしを見つけられた

食事と清潔さとサービスの質は間違いなく世界一の日本。

あと物価。もう安いよ。給料も安いけど。

 

テレビは見ないけどラジオは毎日聞くし、日本の本と本屋が大好き。

 

それらを全部手放した引き換えに、もう一度挑戦したアジア転職の結果は、今のところ大満足。

中国も中国語も全然興味なかったけど、俄然好きになった。

詳しくは次のブログでまとめるとして。

スポンサーリンク

今日の語り口はNetflixドラマの影響で

こんなひとり語り調になったのは、今ハマってるNetflixドラマ「13の理由」の主役のひとりによるもの。

吹替版の日本語って、なんでこんな感じなんだろう。

13の理由シーズン2

コメント