【まとめ】海外就職 準備 英会話 シンガポール

エッセイをやっとこさ10回連載したので、ちょっと一息入れようかと。

シンガポールに行く前に日本で準備したものや、受けたこともない海外就職での面接のための英会話勉強法、などをまとめて公開・共有いたしますー。
今日からあなたも再現可能! を目標に、具体的なタスクに落とし込んで解説いたします^^
実際に使ったテキストなんかもぜひどうぞ。今でも超オススメなので。

1、準備したもの:履歴書と職務経歴書、英文レジュメ。を、それぞれめっちゃ作り込んだやつ

日本式の履歴書と職務経歴書を、当時ツイッターのつぶやきで見つけたししもんさんに頼み込んで添削してもらう。ダメ出しされ続けて、送ってへこんで立ち直って書いてまた送って、を10回くらい。

ダメ出しの具体的なポイントとしては「謙虚やめろ」「強みをはっきり前面に押し出す」「企業から求められているポジション・業務内容をよく読んで理解して、自分がマッチしていることをアピールする」など。
日本式の奥ゆかしさは、海外就職には要らないってことですね。それと同時に、日本人らしさは海外就職に超有効です。

前回の記事ともちょっと重なる部分ですが、大切なのでもう一度。
私の接客業の経験を、海外就職用に仕立てると「日本人顧客のニーズを満たす高水準なサービスを提供してきた」「傾聴を徹底することにより、日本人顧客それぞれに応じた臨機応変な対応を実現した」などでしょうか。
日本のサービス業なら当たり前じゃない?ってことを、拾って並べてイイ感じにまとめるのです。

日本人の接客スキルは世界最高水準です。不安かもしれませんが、私は28歳販売職フリーターからシンガポールで正社員になれました。

それから、英文レジュメはまず検索。テンプレートがゴロゴロ出てきますし、転職サイト内での英文レジュメの書き方がザクザク見つかります。

肝心の内容ですが、日本語の職務経歴書をもとに、ここでもグーグル先生が大活躍。最初は1行ずつ翻訳かけて、翻訳された英文が文法的に正しいかどうかを自分でチェック。中学英語の5文型、SVOとかSVCとかにきちんとハマっているか、がポイントです。

めんどくさい、文型とか分からない! という人は、「英文レジュメ フレーズ」とかでさらに検索しちゃうといいかも。実用的ですぐに使える英文がたくさん。それを上手く組み合わせて、英作文が完成☆
分からないこと、知らないことで困ったらグーグル検索で90%は解決できると思うんですよね。

さらに重要なのがネイティブチェック。日本語の敬語でも、拝啓とか季節の挨拶とか検索しますよね? あれ、私だけ? 私は今でもテンプレ検索します。ビジネス日本語よく分からないし、一歩間違えると大惨事だし。

私はイギリス人友人に頼んだら5分で修正案が返ってきましたが、友人いない人は「英文レジュメ 添削」でお金払って添削してもらうとか、格安オンライン英会話で会話がてら「この表現ってどうかな?」って先生に聞いたらいいと思います。

分からないこと、知らないことはグーグル検索で、そして出来ないことはお金で、そしたらトータル100%解決できると思うんですよね。

これであなたも今から準備が出来ますね^^

2、準備したもの:英会話の特訓

これは、就職するために準備をしたというより、準備をしてたら就職したくなったんですよね。私の場合。

ひとり生涯学習というか、常に本を読んだり語学を勉強したり、自分の人生を少しでも豊かにするためにできることから少しずつやるようにしています。
「なんか真面目じゃない?」「毎日勉強とか、ムリ」
という人もいるかもしれませんが、よく考えてみて下さい。話題が脱線しますが。

私たちは、入りたい学校は選べても、クラスメイトも先生も選べなくて、せっかく希望の学校に入れてもそれがミスマッチだったらオワコン。
さらに、就職したい企業は選べても、やっぱり上司も同僚も選べない。ましてや「総合職」なんて意味不明な職種、所属する部署すら選択権がない。そしてミスマッチだったら耐えるか病むか辞めるか、その全部か。

それに比べたら、本を読んだり勉強して少しでもスキルを上げておけば、まず学校や就職の選択肢が増やせる。そしてミスマッチだった時の回避方法や次の手段にも素早く着手できる。
周りの人間や環境に振り回されずに、自分の可能性や選択肢を主体的に広げて拾っていけると考えたら、超重要なんじゃないかと。
今どき本屋で良書がたくさんあるし、近くに本屋がなければ電子書籍もあるし、オンラインレッスンもバラエティ豊富だし。

現代社会を生き抜くための独学、コスパ抜群だと思います!

さて本題です。
私のイチオシ英会話教材はズバリNHKテキストです。

前半にリアルな会話や言い回し、後半に応用問題があり、全体がコンパクトにまとまっていて勉強しやすい。
月刊誌ですが、1冊486円!(本記事執筆時) ワンコインで始められます。こちらはラジオ用の教材なんですが、ラジオ音源は公式ウェブサイトでまとめて聴くことができます。コレ無料!

非常に充実しているコンテンツでこのお値段、無料で音声までついてくる。NHKテキストのシリーズは英語に限らず、どの言語でもオススメです!

ほかにも、英会話の勉強はとにかく丸暗記がいいです。丸暗記をすれば、単語も文法もあとからついてきます。例えば、トランプで初めてのゲームをする時、「えっと、これをこう、そしたらこっちがこうなって、。うん! いっかいやってみよ!」みたいな感じです。ルールを覚えるより、実際のやり方を見て分かったら「ああ、こういうことか」ってルールが見えてくるような。
伝わりますかね?

というわけで、丸暗記にオススメなのがこちら。

絵=ビジュアルで英会話の場面が浮かんでわかりやすい。こちらも音声CD付きなので、スマホに音声データを入れてひたすら繰り返し聞いてみる。

語学の基本は「耳から入ってきたものを口から出す」の繰り返しです。地味です。

こちらも丸暗記・繰り返し・音声付き、と条件揃ってます!
amazon英会話カテゴリー1位ですってよ。

そして最後に、1で準備した英文レジュメも丸暗記です。発音とか正確じゃなくていいです、だいたいでいいです。アジアで話す英語は、発音もアクセントもだいたいでいいです。あちらもこちらも正確じゃないので。
自信持たなくていいので、面接の間だけ自信持ってるフリしてください。それで私は28歳販b(以下略)

まとめ記事は以上です!
最後まで読んでいただいてありがとうございます。海外就職に関するご相談はいつでも受け付けますので、本ブログのコメント欄やツイッターでご連絡下さい。

私はししもんさんのツイッターとブログで人生救われたので、次は私が誰かに還元しようと思います。ペイフォワードですね!

ししもんさんのシンガポール現地生活はこちらにまとめてあります。

コメント